給油所保安点検

給油所保安点検風景
給油所保安点検風景

 給油取扱所は、消防法に基づく定期点検(計測点検のみ)を年1回以上行うこととされています。

  弊社は、給油取扱所を対象として消防法第14条の3の2に定める定期点検(計測点検のみ)及び計量法第139条第2項に定める定期点検、その他公害問題等に関して給油取扱所の総合的な保安点検を実施し、給油取扱所の安心と安全をお守りいたします。

 

 

  

 [ 点検内容 ]

 

 1.静電気除去装置

   接地抵抗値の適否、接地抵抗値による測定

 

 2.電気防食設備

   防食電位(電流)の適否、電位計による測定

 

 3.配線、移動電線

   絶縁抵抗の適否、絶縁抵抗計による測定

 

 4.漏洩検知管

   変形、損傷、土砂等の堆積の有無、ガス検知器による測定

 

 5.電気設備接地

   接地抵抗値の適否、接地抵抗計による測定

 

 6.移動タンク用接地電極

   接地抵抗値の適否、接地抵抗計による測定

 

接地抵抗計による測定検査

接地抵抗計による測定風景
接地抵抗計による測定風景

 ノズルのアース抵抗を測る検査を行います。

ガス検知検査

ガス検知検査風景
ガス検知検査風景

 タンクの周りの土壌にガスが漏れていないかを測る検査を行います。

配線・移動電線の検査

配線・移動電線の検査
配線・移動電線の検査

ガソリンスタンド内の配電盤の漏電を測る検査です。

吐出量検査

吐出量検査風景
吐出量検査風景

 吐出量検査では、流速検査と器差検査(使用公差の誤差±1%)を行います。