移動タンクの気密漏洩検査

移動タンクの気密漏洩検査(消防法に基づく定期点検)

移動タンクの漏洩検査
移動タンクの漏洩検査

 移動貯蔵タンク(タンクローリーなど)はボルトなどの金属疲労やパッキンなどの腐食により、気が付かないうちに破損等が進んで行きます。

 そのため消防法では、石油・化学薬品等の危険物移動貯蔵タンクに対して、点検方法に関する知識と技術を有する認定業者による、5年に一度、定期的な気密検査(漏れの点検)を義務付けています。

 弊社では、専門の点検スタッフが最新の点検装置(8層まで同時に加圧検査可能)と豊富な経験に基づいて移動貯蔵タンクの漏洩検査を行っています。